ハットクラブ(箕面市ハット市友好クラブ)

Minoh-Hutt Friendship Club(MHFC)

ハット市との提携

ニュージーランドは北島(きたじま)と南島(みなみじま)の二つの大きな島からなっています。首都ウエリントンは北島の南端にありますが、ハット市はそのウエリントンの北11kmにある郊外都市です(人口約10万人)。

ウエリントン湾に面し、東西の緑濃い丘に囲まれ、街の真中をハット川がゆったり流れています。土壌が豊かで、多くの公園と庭園に恵まれ、ニュージーランドの「最初の公園都市」と呼ばれています。

また、歴史的には、1840年、イギリスからのまとまった入植者団が初めてニュージーランドに上陸した土地として知られ、「開拓者博物館」があります。また、先住民マオリ族の有力な一族の根拠地で、さまざまなマオリ文化を体験することができます。

緑濃い自然環境や、教育施設も多い閑静な住宅地、大都市の郊外で似たような人口規模、等共通点が多く、箕面市の姉妹都市(国際協力都市)に選ばれました。

一方、ハット市が箕面市と異なる点は、ハイテク技術の集積地でもあり、医療、食品、防災などの分野の研究機関、企業が集まり、4000人が雇用されています。

また、市の見どころとしては、美しい海岸線での海水浴やマリン・スポーツ、ハット川沿いや林間でのハイキング、乗馬やゴルフも盛んです(ゴルフ場は6ヵ所あります)。文化施設としては国内有数の現代美術のダウズ美術館があります。

ハット市遠景
ハット市遠景
ニュージーランド地図
ニュージーランド地図

友好ハウス

「ハット箕面友好ハウス」(友好ハウス)は、1999年、両市の交流の拠点として、ハット市の丘の中腹、原生植物が生い茂るジュビリー公園の中に開設されました。

この建物は、1904年、初代ハット市長が娘夫婦の新居として建設した邸宅で、ニュージーランドの歴史的建造物として認められた由緒ある建物ですが、これを改修して友好ハウスとしたものです。この改修費用の大半は、箕面市側が市民の寄付や大口協賛金を得て負担しました。

現在では、毎週、日本語、生け花、書道、お茶などの教室が開催され、ハット市だけでなく広くウェリントン首都圏の日本文化センターとして利用されています。また、箕面から市民訪問団や学生グループが来訪すると、ここで歓迎パーティが開催されるのが慣例です。最近では、地元の結婚披露宴にも利用されています。

なお、箕面市民であれば安く利用できる宿泊設備もあります(現在は一部屋のみ)。詳しいことは(公財)箕面市国際交流協会までお問い合わせください。

(公財)箕面市国際交流協会
〒562-003 箕面市小野原西5-2-36 箕面市立多文化交流センター内
TEL:072-727-6912
FAX:072-727-6920
E-mail:info@mafga.or.jp

ハット箕面友好ハウス
HUTT MINOH HOUSE FRIENDSHIP TRUST

2017/11/19  HUTT JAPAN DAY
ハット市で、日本の文化や芸能を紹介するイべントが開催。

SCNZ Newsletter
2018/09 SCNZ News letter(ニュージーランド・シスターシティー協会のニュースレター)
September 2018 - Special Edition
9月特別号が届きました。NZSC会長のモリス裕美さんがナショナルソフトボールチームの引率で訪日(モリスさんのホームタウン・千葉県市原市)の記事もあります。


2018/08 SCNZ News letter(ニュージーランド・シスターシティー協会のニュースレター)
Auckland Mayor Phil Goff’s Japan visit
7月29日から8月3日まで日本を訪問し、第12回アジア太平洋都市サミット(APCS)に出席しました。


2018/06 SCNZ News letter(ニュージーランド・シスターシティー協会のニュースレター)
2018年5月24日-26日 SCNZ年次総会(ロワーハット市で開催)に川島副会長がハットクラブを代表して出席(ニュースレター集合写真 最前列左から4人目)。箕面市とハット市は国際協力都市で、両市、またNZ国内の各市と世界各国の各市が参加しました。


2017/12 SCNZ News letter(ニュージーランド・シスターシティー協会のニュースレター)
2018年5月24日-26日には、Lower Hutt Cityで年次総会が開催されます。NZ全土及び世界各国の姉妹都市からの参加だそうです。

ハット箕面友好ハウス
ハット箕面友好ハウス

ハット箕面友好ハウス所在地

Page Top▲